11月30日までブラックフライデーセール開催!

クーポンコード「BF22」をお申込み画面でご入力になると、全ての講座が20%OFFになります!

:
時間
:
:
11月30日までブラックフライデーセール開催!

クーポンコード「BF22」をお申込み画面でご入力になると、全ての講座が20%OFFになります!

:
時間
:
:

RYT500とE-RYT500の違い

説明できますか?

 E-RTY500って多分RYT500のえらいやつなんでしょ!?まあ、そうなのですが、細かい定義を理解しているインストラクターやスクールは意外と少ないかもしれません。

E=RYT500に関する疑問
本当の意味での最高資格

E-RYT500とは?

 実は、E-RYT500になるための講座というのはありません。E-RYT500とは、Experienced Registered Yoga Teacher 500の略で、経験豊かなRYT500という意味です。では、経験豊かの定義って何なんでしょう?

E-RYT500になるためには時間の経過が必要
全米ヨガアライアンスのページに答えはあります

4年間の時間と経験が必要です

 経験豊かの定義は、全米ヨガアライアンスのこのページに書かれてます。非常に簡単にまとめると、次のようになります。

  • RYT500であること

  • RYT200養成講座を修了してから4年経っていること

  • RYT200養成講座終了後に2000時間のヨガレッスンをおこなっており、そのうち少なくとも500時間はRYS300アドバンストトレーニングの後に行われていること

E=RYT500でステップアップする女性
実は価値が全然違います

RYT500とE-RYT500では価値が全然違います!

 E-RYT500の特典も同じページに書かれてます。簡単に言うと、

・RYT200養成講座やRYS300アドバンストトレーニングのリードトレーナーになれる

ということです。RYT講師のお仕事は単価も高い上に、2024年1月以降のRYS規定の厳格化でさらに需給バランスが崩れると思われます。

飾りのイメージ

4年の時間がかかるのでお早めの受講がお得

 E-RYT500になるまでには、4年以上の時間がかかります。すぐにヨガのお仕事を始められる状態でなくとも、このオンライン特例がある間にRYT500を取っておけば、将来きっとよかったと思って頂けます。ぼっこでは、初心者からRYT500が取れる格安講座をご用意しています。